ヘンプオイルとアルガンオイルを比較してみた。

john masters organics / 100% argan oil アルガンオイル

この時期になると乾燥でオイルがかかせないです。いつもの店にアルガンオイルを買いに行ったら店員さんに「ヘンプオイルが今きてる」と言われ、気になって買ってきちゃいました。キャリアオイルとしても使えるし、料理としても使えるらしいです。以前はやったココナッツオイルと久しぶりに比較したくて購入しました。ここから使った感じを私個人の目線からお送りしたいと思います。

・匂いはどう?

ココナッツオイルはほのかなココナッツのにおいがしますが、ヘンプオイルはどうでしょう。空けた瞬間にクサッ!と思ってしまいました。麻の葉の成分なので、草っぽいというか青臭い匂いがしました。韓国料理でしそにごまをかけて食べる料理がありましたが、まさにそんな感じの匂いでした。

・成分の違い

ココナッツオイルで有名なのは中鎖脂肪酸のダイエット効果ですが、個人的には「ケトン体」。ブドウ糖と同じ働きで脳を活性化させるので認知症予防にも良いと言われています。あとラウリン酸はデットクス効果や腸内環境改善によいとされています。一方ヘンプオイルの一番の売りは必須脂肪酸のバランスが他のオイルに比べて完璧なところ。また、γ-リノレン酸も入っており、これにはアレルギー症状緩和やホルモンバランスの改善などに効果があると言われています。

・日常使い

私はココナッツオイルをパンにつけて食べてました。一般の料理に使ったらあまり美味しくなかったのと、美容で髪や肌に使ったらココナッツ臭で気持ち悪くなりました。今回ヘンプオイルをキャリアオイル、日常の料理に使用してみました。そしたら炒め物とか美味しい。キャリアオイルは匂いが気になったので足のマッサージに使ったらナカナカ良かったです。

私の中ではココナッツオイルはおかしやパン用のジャム感覚として、ヘンプオイルは日常の料理(キャリアオイル)として使うことが多そうです。

CBDと比較したいサイトはこちらが参考になりますよ〜

 

hempoil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です