ヘンプオイルを摂取する得られる効果

植物油および動物から得られる食用油は、製造工程で破壊される必須脂肪酸によってトランス脂肪酸に変換される。

ヘンプオイルは、生産過程でトランス脂肪酸に変化することはなく、様々な機能を有する脂肪酸であるため、体内に吸収されます。トランス脂肪酸は、

脂肪燃焼や悪い脂肪コレステロール還元脂肪酸を悪化させるが、ヘンプ油はトランス脂肪酸に変化しないので、コレステロールや中性脂肪を低下させる効果がある。

ヘンプオイルにはα-リノレン酸が含まれており、血中の悪いコレステロールを減少させる効果があります。悪いコレステロールは、血流を減少させ、流れにくくするだけでなく、血管の壁にくっついて血栓を作ります。

これは、血液循環を悪化させ、寒気を招くだけでなく、脳梗塞や動脈硬化などの生活習慣病につながります。血液循環が悪化すると代謝が低下し、カロリーが燃焼せず、食事に悪影響を及ぼします。

ダイエットを効率的に成功させるためには、寒さを改善する必要があります。 α-リノレン酸を摂取することにより、ダイエットに最適なショートカットになります。 α-リノレン酸が体内に吸収されると、DHAと呼ばれる不飽和脂肪酸が生成する。 DHAは積極的に脳の神経細胞の機能を活性化し、記憶の改善、アルツハイマー病およびうつ病に効果があります。

hempoil

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です